【マイクラ Java版】MODの入れ方を初心者にも分かりやすく解説します!

マイクラ(Java版)の一番の魅力…それは何と言ってもMODを入れて遊べること!
影MODもメチャメチャ綺麗だしいろんなMOD入れて遊んでみたい!

でも導入方法がイマイチよくわからない…PCは詳しくないから何だか難しそう…

今回は、そんなマイクラ初心者の方に、MODの入れ方を出来るだけ分かりやすく解説していきます。
専門知識がなくても全然大丈夫なので、ぜひチャレンジしてみましょう!

※OSはWindowsになります

MODを入れる前の準備

Javaがインストールされているか確認しておこう

初めに、ご自分のPCにJavaがインストールされているか確認しておきましょう。そもそもJavaが入ってないと、MODを導入して遊べません。

Javaが入ってない場合は下記のリンクからアクセスしてダウンロード&インストールしておきましょう。

アクセスしたら、【無料Javaのダウンロード】→【同意して無料ダウンロードを開始】をクリック。

ダウンロードしたファイルを『管理者として実行』で起動すると下記の画面になるので、『インストール』ボタンをクリックして、指示に従って進んで下さい。

Java ライセンス条項の画面画像

Javaが入っているか分からない場合は、デスクトップのタスクバー左下の虫めがね部分をクリックして、『Java』と入力して確認してみて下さい。

インストール済みであれば、検索結果に表示されてくると思います。

Javaの検索結果の画面画像

導入したいMODを用意しよう

次に、導入したいMODを準備しましょう。
今回は、影MODを入れられるようにする軽量化MODの『OptiFine 』を準備しました。


OptiFineの詳しい導入方法についてはこちら👇

砂漠に沈む夕日 マイクラ【Java版】影MODの入れ方を初心者にも分かりやすく解説します!

OptiFineの入手先はOptiFine公式ダウンロードサイトからどうぞ♪

すでに導入したいMODが決まっている場合や、ダウンロード済みであれば何でもOKです!
好きなMODを用意しましょう。

Forgeを導入したいバージョンのマイクラ(バニラ)を一度プレイする

まだ一度も導入したいバージョンで遊んでない場合は、Forgeを導入する前にマイクラをプレイしておきましょう。
そうすることで、マイクラのファイルにそのバージョンがダウンロードされます。

プレイするにはLancherから起動構成を選択して『New instllation』をクリックします。

Minecraft 起動構成画面の画像①

次の画面で、名前,バージョン,ゲームディレクトリを下記のように入力し、作成をクリック。

名前は何でも良いです。
バージョンはForgeを入れたい『release1.16.5』。
ゲームディレクトリはそのままで、右下の『作成』ボタンをクリック。

Minecraft 起動構成 編集画面の画像

ゲームファイルが出来るので、プレイします。
通常のようにワールドに入って、少し歩き回ったら終了してOKです。

Minecraft 起動構成画面の画像②

Minecraft Forgeをダウンロードする

Forgeを導入する前の準備が出来たら、下記のリンクからアクセスしてForgeをダウンロードしていきます。

マイクラにバージョンがあるように、Forgeにもバージョンがあります。
マイクラとForgeのバージョンは必ず揃えましょう!

今回MODを導入するバージョンは『1.16.5』なので、Forgeのバージョンも『1.16.5』を選択しましょう。

サイトにアクセスしたら、バージョンを確認して【Download Recommended】の『Installer』をクリックして下さい。

【Download Latest】は最新版で、【Download Recommended】は安定版になります。特別な理由がなければ、右側の【Download Recommended】を選びましょう。

それ以外のバージョンで遊ぶ場合は、左枠の一覧の中から同じバージョンを選ぶことが出来ます。

Minecraft Forge インストール選択画面の画像

この様な画面になり、右上にカウントダウンが表示されます。
少し待っているとカウントが0になり『SKIP』に変わるので、そこをクリックして下さい。

Minecraft Forge ダウンロード画面の画像

ダウンロードする場所はデスクトップでOKです。ファイル名はそのままで構いません。

PC 名前を付けて保存する画面の画像

これでForgeのダウンロードは完了です。

Minecraft Forgeをインストールする

続いてForgeをインストールします。

先程、デスクトップにダウンロードした『Forge-バージョン名-Installer.jar』ファイルをダブルクリックで実行します。
インストール画面が表示されるので、『Install client』にチェックが入っているのを確認して、OKをクリックすればインストールが始まるので、少し待ちましょう。

多分、最初からチェックが入っているので、ここでは特に何も弄らずにOKで良いです。

Minecraft Forge インストール画面の画像

下記のようなメッセージが表示されればインストール完了です!

Minecraft Forge インストール成功の画面の画像

Lancherを起動してみると、1.16.5 Forgeのゲームファイルが出来ていると思います。
でもまだプレイしないでください!

Minecraft 起動構成画面の画像③

Forge専用のフォルダーを作成する

1.16.5Forgeを起動する前に、1.16.5Forge用のフォルダーを作成しておくことをおすすめします!

通常、Java版マインクラフトの元データのファイル場所は【ユーザー名>AppData>Roaming>.minecraft】の中にありますが、MODは非公式の改造データになるため、元データとは分けておいた方が良いためです。

とても簡単な作業なのでめんどくさがらずにやっておきましょう!

デスクトップ上で右クリック、新規作成からフォルダーを選んでフォルダーを作成します。

デスクトップ >新規作成 >フォルダー作成の画面の画像

フォルダー名は分かりやすい名前にしておけばOKです!

Minecraft Forge1.16.5のフォルダーの画面の画像

Lancherから起動構成を開き、右端の『・・・』をクリックして編集を開きます。

Minecraft 起動構成画面の画像④

起動構成の編集画面になるので、名前は分かりやすい名前に、バージョンは『release 1.16.5-forge』になっていればOK、ゲームディレクトリはこのままだと元データになってしまうので参照をクリックして変えます。

Minecraft 起動構成 編集画面の画像①

ゲームディレクトリを変えるには、先ほどデスクトップに作成したフォルダーを選んで下さい。

Minecraft フォルダーの参照画面の画像

指定したフォルダーになっていれば保存して完了です!

Minecraft 起動構成画面の画像

マイクラを起動して、タイトル画面左下に『Forge』が、中央に『Mod』ボタンが追加されていれば導入成功です!

Minecraft タイトル画面の画像

MODを入れる場所は?

1.16.5 Forge専用に作成したフォルダーを開いてみると『mods』というフォルダーが追加されているのが分かります。
ダウンロードしてきたMODは、この『mods』フォルダーの中へ入れていけばOKです!

1.16.5 Forgeフォルダの画像

また、このフォルダーには、マイクラのタイトル画面の『Mod』→『Modフォルダーを開く』からでもアクセス出来ます。

Modフォルダーを開く の画像

デスクトップにフォルダーを作っておけば、MODやリソースパックなどを入れる時にすぐにアクセスできるので便利です♪

影MODを入れる前提MOD『OptiFine 』を入れてみよう

それでは実際にMODを入れてみましょう。

1.16.5 forgeフォルダーの『mods』へ、用意しておいたMODファイルをそのままドラッグ&ドロップするだけです!

modsフォルダのMODを入れた画像

マイクラの【設定】→【ビデオ設定】を開いてみると、左端にOptiFine の文字と『シェーダーの詳細設定』の項目が追加されました!

ビデオ設定画面の画像

入れたい影MODを配置し、ゲームに反映されていれば導入成功です!

シェーダーの詳細設定画面の画像

まとめ

MODは無事入れられたでしょうか?

MODを入れることで、さらに出来ることが増えたり、いろんな要素を追加したり、バニラとは違った楽しみ方が出来るので、ぜひ参考にしてみて下さい!

最後まで読んて頂き、ありがとうございました。それではまた!