【AssettoCorsa】首都高でリプレイを見るには?Camtool2の導入方法

首都高MODにはリプレイカメラの設定がないのですが(唯一、C1Outerだけは観ることが出来ます)、有志の方々がリプレイカメラのプリセットファイルを配布してくれています。

首都高を走ったら、やっぱり自分の走った姿をリプレイで見たくなりますよね!

今回は、配布されているリプレイカメラ(首都高MOD用)の中でも個人的にカッコいいと思ったプリセットファイル『SRP C1 Inner CamTool+AI line』を導入してみました。

製作者の方はAleroma氏という方で、他のトラックのリプレイカメラも配布していますが、控えめに言って素晴らしいリプレイカメラだと思います!

特に複数の車種でバトルごっこすると最高にカッコイイリプレイになるので、是非とも首都高MODファンの方にも試して欲しいです!

ということでその手順をまとめてみました。

※今回の記事は、リプレイカメラプリセットを使用する方法になります。CamTool 2の使い方は解説していませんのでご了承下さい。

また、MODの導入についてはすべて自己責任でお願い致します。

準備するもの

リプレイカメラプリセットを観るためには以下の3つが必要になります。※入手方法は後程解説します。

  • Camtool 2(RaceDepartmentより入手)
  • リプレイカメラプリセット(RaceDepartmentより入手)※今回はC1inner Time Attack用
  • リプレイデータ(C1inner Time Attackを走ったリプレイファイル)

その他、【コンテンツマネージャー】【Sol】【CSP】【首都高MOD】はすでに導入済み前提の内容になりますので、導入がまだの方は下記リンクの記事を参照下さい

【assetto corsa】MODの入れ方 コンテンツマネージャーの導入方法を解説!

【アセットコルサ】夜間走行を楽しもう!『Sol』『カスタムシェーダーパッチ』の入れ方を徹底解説!

AssettoCorsaでリアルな首都高が走れる!首都高MODの入れ方を解説します!

Camtool2を導入する

CamTool 2とは、アセットコルサ用のカメラアプリ(MOD)で、自由にカメラを移動して様々なアングルやカメラ位置を設定することで、既存のリプレイカメラとは違ったオリジナルのリプレイ映像が作れるアプリです。

このアプリを使いこなせば、レース中継のような臨場感ある映像や、映画のような迫力あるリプレイ映像を作成することも可能になるでしょう!

ただ、操作方法が難しく、使いこなせるようになるにはかなり時間がかかりそうです💦(自分もちょっと触っただけですが、どこをどう弄ったら思い通りのリプレイになるか全くわかりません(笑))

でも、プリセットカメラを使う分には操作方法が分からなくても全然問題無いので安心して下さい♪

Camtool2をダウンロードする

まずはCamtool2をダウンロードしましょう。

ダウンロードはこちら👇

ダウンロードページにアクセスしたら、右上の『Download』をクリックしてデスクトップに保存しましょう。

RaceDepartmentを利用するには、ユーザー登録が必要になります。

もちろん無料なので登録がまだの方は、別記事『【assetto corsa】MODの入れ方 コンテンツマネージャーの導入方法を解説!』内の「RaceDepartmentに登録しておこう」を参考に登録しておきましょう!

Camtool2をインストールする

ダウンロードしたCamtool2を解凍して下さい。

中には【apps】と【content】の2つのファイルが入っているので、アセットコルサのインストールフォルダーの同じファイル名がある階層へ上書きして下さい。

次にコンテンツマネージャーを起動します。

【設定】>【ASSETTO CORSA】>【アプリ】を開くと、アクティブなアプリの一覧にダウンロードしたCamTool2が追加されているので、チェックを入れましょう。

もし、自動でチェックが入っている場合はそのままでOKです。

CamTool2の導入はこれで完了です。

正常に導入出来ていれば、ゲーム中の画面右端のアプリ一覧にCamTool2が表示されます。

リプレイカメラプリセットをダウンロードする

続いてリプレイカメラのプリセットをダウンロードします。

ダウンロードはこちらから👇

ダウンロードした『SRP C1 inner camtool + Ai line』を解凍し、中身に入っている【apps】と【Content】をアセットコルサのインストールフォルダーの同じファイル名の階層へ上書きして下さい。

リプレイデータを用意する

自分で走ったリプレイデータを保存しておいて下さい。

今回はShutoko Revival Project 0.9.1の『C1 Inner Time Attack』を走ったデータを用意。

【assetto corsa】首都高で一般車を走らせる方法とは?(2022年版)

これでリプレイを観るための準備が整いました!

リプレイファイルを読み込む

コンテンツマネージャーを開き、【メディア】から保存したリプレイファイルを読み込みましょう。

リプレイが開始されると、最初は景色だけの画面になりますが気にせずに、画面右上へカーソルを持っていき、アプリの一覧から『CamTool_2』を選択します。

画面に下記のようなアプリが表示されるので、①から④の順番にクリックします。

  • ①の電源マークをクリックして赤色にする(最後にクリックでもOK)
  • ②Settingを選択
  • ③Loadを選択
  • ④リプレイカメラプリセットを選択する

④のプリセット欄は、③のLoadをクリックすると表示されます。

プリセット欄に何も表示されない場合は、リプレイカメラプリセットが正常に導入されていないか、プリセットを入れたトラックとリプレイデータのトラックが違っている可能性があるので、もう一度確認してみて下さい。

画面がこのようなアングルに切り替われば導入成功です!

迫力あるリプレイが始まります。超カッコいいっス‼😍

まとめ

リプレイは見れたでしょうか?

今回紹介したC1 Inner以外にも色んなトラックのプリセットが数多く配布されています。

また、CamTool 2の使い方については、Youtubeなどでもいろんな方の解説動画が出てくるので「自分で作ってみたい!」って方は参考にしてみて下さい!