【マイクラJava版】新しいバージョンのForgeがリリースされた時の更新方法

マイクラを起動した時に、画面の右下に『新しいバージョンのForgeがリリースされています』と表示されて、???ってなったことありませんか?

Forgeとは、マイクラ(Java版)にMODを入れて遊ぶ場合に必要になる前提MODのことを言います。

ちなみに、影MODの前提MODはOptiFineになりますが、どちらも定期的にアップデートされていて新しいバージョンがアップされると画面に表示して教えてくれます。

更新しないと遊ぶことが出来ないわけではありませんが、何らかのバグ対策などもあると思いますので、お知らせが来たらアップデートしておきましょう。

やり方を忘れてしまった…とか、初めての方は参考にしてみて下さいね!

今回はバージョン1.16.5のForgeのバージョンを最新の36.2.0にバージョンアップしていきます。

おもな手順は以下のようになります。

  • 新しいバージョンのForgeをダウンロードする
  • ダウンロードしたForgeをインストールする
  • ランチャー画面で起動構成を開いてバージョンを編集する

新しいバージョンのForgeをダウンロードする

Forgeの公式サイトへアクセスして、新しいバージョンをダウンロードしましょう。

ダウンロードはこちら

Minecraft Forge 公式サイト

FORGEのサイトにアクセスすると、新しいバージョンが表示されていました。

右側の『Download Recommend』が安定版なので、こちらをダウンロードしましょう。

『Installer』の部分をクリックします。

Minecraft Forgeダウンロードサイトトップページの画像

導入したいバージョンが見当たらない時は、左側の『Minecraft Version』からお目当てのバージョンをクリックして最新のバージョンを探して下さい。

おなじみの画面に切り替わるので、右上のカウントが『SKIP』になったらクリックして、デスクトップへ保存して下さい。

Minecraft Forge ダウンロードページの画像

ダウンロードしたForgeをインストールする

デスクトップに保存したjarファイルをダブルクリックして、Forgeをインストールしましょう。
※間違ってそのままmodsフォルダに入れてしまわないように注意して下さい!

Minecraft Forgeインストーラーの画像

インストールされると、マイクラのデフォルトのゲームデータがある『versions』に保存されているのがわかります。

ちなみに旧バージョンのForge は削除してしまっても問題ありません。

Minecraft バージョンフォルダーの画像

Forgeの導入方法について詳しくはこちら👇の記事でも解説しています。

【マイクラ Java版】MODの入れ方を初心者にも分かりやすく解説します!

ランチャー画面で起動構成を開いてバージョンを編集する

マインクラフトランチャーから起動構成を開いて、ゲームディレクトリ1.16.5 Forgeの編集を開きます。

Minecraft ランチャー 起動構成画面の画像

起動構成のバージョン編集部分を開いて、インストールしたForge36.2.0を探して保存したら設定は完了です。

Minecraft ランチャー バージョン編集画面の画像

マイクラを起動して、タイトル画面左下のForgeのバージョンが36.2.0に変わっていれば更新完了です。
簡単でしょ!

Minecraftタイトル画面の画像②

以上、Forgeの更新方法の紹介でした。

とても簡単なので、リリース情報が来たらサクっと更新しておきましょう!