【AssettoCorsa】Solに代わる新しい天候変化MOD「Pure」の導入方法を解説!

今回は、Solに代わるもう一つの天候変化MOD「Pure」の導入方法を解説していきます。

マルチプレイするならConoHa VPSがおすすめ!期間限定で最大75%OFFキャンペーン中!

Pureって何?

Pureとは、Solの製作者 Peter Boese氏による新しい天候変化MODです。Solとの大きな違いはスカイドームと呼ばれる空の景色。

この画像👇のように空の描写が非常に美しくリアルに表現されるようになります!

もちろん、空の景色だけでなくグラフィックもSolよりも進化しており、特に車のボディの質感・艶などのグラフィックがきらびやかでとてもキレイです!

PureはSolの豪華版といったところでしょうか。

ただし、Pureは有料MOD(Preview版)になっているので入手するにはクリエイターのPatreonメンバーに登録する必要があります。

※Patreonの登録方法については後ほど解説します♪

Pureの導入に必要なMOD

Pureの導入には、あらかじめ以下のMODを入れておく必要があります。(いずれも最新版を推奨します!)

  • Content Manager
  • Custom Shader Patch(1.76以上)※スカイドーム (2D フォト クラウド) には、CSP 0.1.78 以降が必要。
  • Sol(一部Solの機能も使用するため)

各MODの導入方法についてはこちら👇をご覧下さい。

【assetto corsa】MODの入れ方 コンテンツマネージャーの導入方法を解説! 【アセットコルサ】夜間走行を楽しもう!『Sol』『カスタムシェーダーパッチ』の入れ方を徹底解説!

特に注意すべきは、CSPのバージョンです。

Pureの導入にはCSP 1.76以上、高解像度スカイドームにはCSP 1.78以上が必要になるので、出来れば最新バージョンを入れておきましょう。

また、雨を降らせたい場合は有料(プレビュー版)のCSPが必要になります。

有料版CSPの入手方法、雨を降らせたい場合はこちら👇

雨MODのクオリティが凄い!AssettoCorsaで雨を降らせる方法。

PPフィルターを使う場合は必ず「Pure用」を選択して下さい。

【Assetto Corsa】PPフィルターのおススメってある?リアルなフィルター5選!

Peter Boese氏のPatreonメンバーに登録する

メンバーになる前に、下記Patreonサイトでアカウント登録しておきましょう。こちらは無料で登録出来ます。

登録のやり方がわからない方はこちら👇の記事でも紹介してますので参考にしてみて下さい!

パトロンの登録方法とメンバーシップの解約方法を分かりやすく解説します。

アカウント登録が完了したら下記よりアクセスして下さい。

※すでに登録済みの方は「Pureをダウンロードする」までスキップでどうぞ。

メンバー未登録の場合、このような👇画面になっているかと思います。画面右側に【Become a patron】と表示されているところをクリックして下さい。

毎月の支払金額を1ドル・3ドル・5ドルから選べますが、どの金額を選んでも内容に違いはありません。

支払いたい金額の【Join】というところをクリックします。

支払い方法の選択画面になります。

支払いはPayPalかクレジットカードになりますが、海外への送金はPayPalが安心安全で登録・年会費も無料なのでおススメです。

支払い方法を選んだら【Continue with Paypal】をクリック。なお、ココをクリックするとメンバー登録が決定します!

このような画面が表示されれば登録完了になります。

また、メンバーシップの解約はいつでも出来ますので、解約したい方はこちら👇の記事内の「Patreonのメンバーシップを解約する方法」をご覧下さい。

パトロンの登録方法とメンバーシップの解約方法を分かりやすく解説します。

Pure0.148をダウンロードする

メンバー登録が完了すると、このような画面になっているかと思います。

画面を下へスクロールすると「Pure 0.148 dvelopment preview」が出てくるので、「Continue reading」をクリックして読み進めましょう。

インストールガイドはパックの中にも入っているのでここでダウンロードしなくても大丈夫です。

2つのインストールパックがあるのでどちらかを選ぶようになっていますが、高解像度スカイドームをインストールしたい場合は「Pure 0.148 Highres(16K)」をクリックしてデスクトップへダウンロードして下さい。

どちらを選んでいいか分からない方は、取り敢えず「Pure 0.148 Highres(16K)」の方でいいと思います!

Pure0.148をインストールする

ダウンロードしたPure 0.148 Highresを7-zipで解凍し、中に入っている「MODS」フォルダーをデスクトップへ移動させます。

さらにMODSフォルダーの中の「Pure0.148」を開きます。なお、ここにはPureのインストールガイドがあるので、一応目を通しておいて下さい。

「install_pure.bat」をダブルクリック。

黒い画面になるので、アセットコルサをインストールした場所(通常であれば、C¥> Program Files(86×)> Steam > Steamapps > common >assettocorsa)を選びましょう。

さらに新しいVAOパッチもインストールするか聞かれるので、Yを押して下さい。(VAOパッチとは、グラフィックの見た目を良くするための修正プログラムです。)

少しすると新しいVAOパッチが上書きされるので、何かキーボタンを押して画面を閉じて下さい。

これでPure0.148のインストールが完了しました。

デスクトップに保存したMODSフォルダーは削除してしまって構いません。

コンテンツマネージャーの設定

続いてコンテンツマネージャーでの設定を行います。

【設定】>【CUSTOM SHADERS PATCH】>【WEATER FX】を開いて、Weather scriptの中から「Pure」を選択します。

Controller scriptは「Sol2.2」のままでOKです。

画像クリックで拡大

【設定】>【CUSTOM SHADERS PATCH】>【REFLECTIONS FX】をアクティブに。ここはデフォルトで既にアクティブになっていると思いますが念のため確認して下さい。

画像クリックで拡大

【設定】>【ASSETTO CORSA】>【ビデオ】レンダリング頻度を「静的」以外に、フィルターを「pure」に設定して下さい。フィルターはゲーム内でも変更可能です。

画像クリックで拡大

コンテンツマネージャーの設定は以上です。

Pureコンフィグの設定

最後にゲーム内での設定になります。

ゲームを起動し、コースに入ったら画面右側にカーソルを持っていくとアプリの一覧が出てきます。その中から「Pure config」を見つけて下さい。

クリックするとこのような画面が出てくるので、「Clouds」をクリックします。

Clouds Render Methodが表示されます。デフォルトの状態で0になっているので1に変更して下さい。(カーソルを右側に持っていけばOK)

これで空の描写が変わります!

Clouds Render Method=0の場合

Clouds Render Method=1の場合

また、時間を追うごとに雲の量や形が変化していくので、様々な空模様を楽しむことが出来ます。特に夕方の雰囲気が美しいです!

Pureをアンインストールするには

Pureをアンインストールしたい場合は、Pure本体のフォルダーの中にある「uninstall_pure.bat」をダブルクリックして下さい。

インストールした時と同じように、アセットコルサのルートフォルダーを選べば自動的にアンインストールが完了します。

旧バージョンをインストールしたい時は

Pure 0.148より前のバージョンでは、高解像度スカイドームはオプションとしてPure本体とは別にダウンロードする必要があります。

ここでは例として、Pure0.142の導入方法を解説します。

まずはPeter Boese氏のパトロンサイトにアクセスして、「Pure0.142 development preview」まで下へスクロールしていき、「Continue reading」をクリック。

さらに読み進めると、下のようなダウンロードパックが4種類出てきます。

この中からPure本体の「Pure 0.142 base pack」をダウンロードしましょう。

高解像度スカイドームを入れたい場合は「High resoltion textures for default skydome set」も一緒にダウンロードして下さい。

「Pure 0.142 ベースパック」と「高解像度スカイドームセット」のダウンロード先は、megaかmediafireのどちらからでもダウンロード出来ます。

ちなみに「Pureインストールガイド」は、「Pure 0.142 ベースパック」の中にも同じものが入っているのでダウンロードしなくてもOK。

ダウンロードしたらデスクトップへ保存しましょう!

Pure0.142をダウンロードすると「Pure0.142b」に名前が変わりますが、これはPure0.142の修正版ということなのでこのままで問題ありません。

Pure 0.142ベースパックをインストールする

Pure0.142を7-zipで解凍すると「MODS」というフォルダーが入っているので、デスクトップへ移動して中身を開きましょう。

下の画像のようになっていると思うので、この中から「Pure 0.142」を開いて下さい。

さらにその中の「install_pure.bat」をダブルクリック。

高解像度スカイドームをインストールする場合は

高解像度スカイドームセットをダウンロードした場合は、こちらも7-zipで解凍して中に入っている【MODS】>【Pure Highres Sykdome Tetures】の中の【extension】フォルダーをアセットコルサのルートフォルダーへ上書きして下さい。

これでPure本体と高解像度スカイドームのインストールは完了です!

コンテンツマネージャー、Pureコンフィグの設定方法はPure0.148の導入解説と同じです!

まとめ

Pureは導入出来たでしょうか?

僕もまだ触り始めたばかりですが、個人的にはSolよりもグラフィックは気に入っています!

特に車のボディの質感や光源の映り込みが、調整次第ではSolよりもキレイ(リアル)になるのでPureにしたらSolに戻れなくなりそうです(笑)

PureコンフィグもSolコンフィグと同じようにグラフィックを調整出来る機能を実装してますので、いろいろ数値を弄って試してみて下さいね!