【assetto corsa】首都高で一般車を走らせる方法とは?(2022年版)

アセットコルサの超人気MOD、通称「首都高MOD」には、一般車を走らせることが出来るMODがあります!

今回ようやく一般車MODを入れて遊んでみたんですが、これがなかなかのクオリティで、雰囲気サイコーになりました♪

やっぱり一人で走るのと、周りに車が走っているのでは臨場感というか、リアル感が違いますね!

そこで!

今回は、首都高MODは入れてるけど、まだ一般車導入してないよ!とか、入れ方わかんない!って方に、一般車の導入方法を出来るだけ分かりやすく解説していきます!

なお、首都高に一般車を走らせる前提として、以下のMODをインストール済みであることが条件となります!

  • コンテンツマネージャー
  • カスタムシェーダーパッチ
  • Sol
  • Shutoko Revival Project 0.9.1(首都高MOD)

各MODの導入方法については、下記の記事で解説しているので、まだ導入してないよ!って方は参考にしてみて下さい!

コンテンツマネージャーの入れ方はこちら👇

【assetto corsa】MODの入れ方 コンテンツマネージャーの導入方法を解説!

Sol,カスタムシェーダーパッチの入れ方はこちら👇

【アセットコルサ】夜間走行を楽しもう!『Sol』『カスタムシェーダーパッチ』の入れ方を徹底解説!

首都高MODの入れ方はこちら👇

AssettoCorsaでリアルな首都高が走れる!首都高MODの入れ方を解説します!

マルチプレイするならConoHa VPSがおすすめ!期間限定で最大75%OFFキャンペーン中!

一般車を走らせるMODは2種類

assetto corsaで一般車を走らせるMODは、Discordにて配布されている『SRP 0.9.1 Shibaura Traffic』と、RaceDepartmentで配布されている『Traffic for SRP』の2種類があります。

2つのMODの特徴を簡単に紹介すると・・・

SRP 0.9.1 Shibaura Traffic(Discord版)

  • Shibaura PAからのみのスタートになる。
  • 新宿線、台場線、大黒線の3区間は一般車が走らない。
  • 一般車の速さを3種類から選べる。
  • 導入が比較的簡単にできる。

Traffic for SRP(RaceDepartment版)

  • 全てのパーキングからスタートできる。
  • ほぼ全てのルートで一般車の走行が可能。
  • 一般車の走り方の違いが3種類ある。(速さは選べない)
  • Discord版に比べて導入がちょっとややこしい。

今回は、どちらのMODの導入方法も解説しているので、自分の気に入った方を入れてみて下さい!

【Discord版】SRP 0.9.1 Shibaura Trafficの導入方法

SRP0.9.1 Shibaura Trafficをダウンロードする

まずは、【Discord】の「Shutoko Revival Project」に参加しましょう。

Discordに参加するには、アカウントの登録が必要になります。

登録方法など詳しくは『AssettoCorsaでリアルな首都高が走れる!首都高MODの入れ方を解説します!』内の「首都高MODの導入方法」をご覧下さい。

Discordの登録が完了している方は、下記のリンクからアクセスして下さい。

下の画像のような『srp_track_extrasへようこそ!』というページになります。

そのまま画面をスクロールしていくと、『SHIBAURA PA TRAFFIC』のダウンロードリンクが出てくるのでクリックして下さい。リンク先が4つありますが、どれでもダウンロードできるものを選べばOKです。

『ダウンロード』をクリックしてデスクトップに保存しましょう。

保存した「SRP 0.9.1 Shibaura Traffic.7z」を解凍して、中に入っている『content』を開いてみましょう。

contentの中には、【shibaura_pa_traffic】【ui】【models_shibaura_pa_traffic.ini】の3つのファイルが入っています。

この3つをアセットコルサの入っているフォルダーの【content】>【tracks】を開いて、【shutoko_revival_project_beta】の中へ入れて下さい。

AI車の速さを設定する

続いて、一般車の速度設定をします。

「SRP 0.9.1 Shibaura Traffic」の中の『optional different speed Ai』を開きます。

「faster ai」「original speed ai」「slower ai」という、それぞれ速さの違う設定のフォルダが入っています。

3種類のAI車の速さは、おおよそ以下のとおり。自分の好みの速さのフォルダーを選びましょう。

faster ai:約150㎞
original speed ai:約110㎞
slower ai:約70㎞

各フォルダーの中には【ai_hints.ini】というファイルが入っています。

このai_hints.iniファイルを【shutoko_revival_project_beta】>【shibaura_pa_traffic】の中の【data】へ入れて下さい

これで導入は完了です!

コンテンツマネージャーの設定

コンテンツマネージャーを開き、ドライブモードで【対戦相手の強さ】【敵の積極性】を100%にして下さい。

なお、一般車を走らせるには、【走行会】モードを選択しておく必要があります。また、一般車の数は6~9台が推奨とされています。

【設定】【CUSTOM SHADERS PATCH】【NEW BEHAVIOR】の一番下にある【Get back to the race after going to pits】へチェックを入れましょう。

これですべての準備が完了しました!参加車を追加してコースに入ってみましょう。

コースを走ってみて自分で追加したAI車が走っていれば導入成功です!

【RaceDepartment版】Traffic for SRPの導入方法

Traffic for SRPをダウンロードする

続いてRaceDepartment版の導入方法です。

下記リンクよりRaceDepartmentのダウンロードページにアクセスして下さい。

RaceDepartmentからダウンロードする場合も、アカウントの作成が必要になります。
登録についての詳細は『 assetto corsa MODの入れ方 コンテンツマネージャーの導入方法を解説!』の中の「RaceDepartmentに登録しておこう」を参照下さい。

New Traffic for SRPのページから『Download』をクリックして下さい。

ダウンロードしたTraffic for SRPを解凍し、

  • daishi_pa
  • heiwajima_pa_n
  • heiwajima_pa_s
  • oi_pa
  • shibaura_pa
  • tatsumi_pa
  • yoyogi_pa
  • ui
  • oi_pits.kn5

の合計9つのフォルダーを『Shutoko revival project beta』フォルダーへコピーしましょう。

AI車の走り方を3種類から選ぶ

Traffic for SRPでは、一般車の走り方を3パターンから選ぶことが出来ます。

Traffic for SRPの中にある『_fast_lane_Options』を開いて下さい。

3種類のzipファイルがあり、それぞれ次のような特徴があります。

  • 【LESS RESTRICTED】制限なし。右側に車線があるAIに対してのみ追い越しが可能。
  • 【RAPID】広い道路ではすべてのAIを追い越すことができる。
  • 【RESTRICTED】制限あり。追い越しを防ぐ。

言葉だけではあまりよくわからない表現ですが、作者曰く【LESS RESTRICTED】が最適らしいので、今回はこちらのファイルを入れてみます!

ファイルを解凍すると、『fast_lane.ai』と『fast_lane_payloads.bin』というファイルが入っているので、この2つを『shutoko_revival_project_beta』の各PAに入っている『ai』フォルダーにコピーするだけです!

走り方の設定はこれで完了です。どれがおススメとかはイマイチ分からないので、いろいろ試してみて下さい!

大井PAスタートの設定をする

次に、大井PAスタートの設定をします。

【content】>【track】>【shutoko_revival_project_beta】の中にある、『models_〇〇〇_pa.ini』というファイルをコピーして、『models_oi_pa.ini』という名前に書き換えます。コピーするmodels_〇〇〇_pa.iniのファイルはどれでも良いですよ。

コピーして・・・
書き換える!

書き換えた『models_oi_pa.ini』をメモ帳で開き、「MODEL 7」というところの下、『FILE=srp_pits_daishi_0_9_1.kn5』を『FILE=oi_pits.kn5』に書き換えます。

new_behaviour.iniを編集する

あと、一応マニュアルでは、コンテンツマネージャー内の『NEW AI BEHAVIOR』を編集するみたいなんですが、CSPのバージョンの関係で、設定項目が隠れてしまっているため編集ができません。

そこで、ドキュメントの方の『new_behaviour.ini』ファイルを編集する方法を紹介します。

【ドキュメント】>【Assetto Corsa】>【cfg】>【extension】の中の『new_behaviour.ini』をメモ帳で開きます。

開いたら、下記をそのままコピペして下さい。コピー先のnew_behaviour.iniの中に何か情報が入っていたら、一回全部消してからコピペすればOKです。

[AI_FLOOD]
PUSH_FORCE = 150000
MIN_TRACK_LENGTH = 2000
Y_OFFSET = -0.35
PUSH_SPEED = 90
SPAWN_MIN_DISTANCE_TO_PLAYER = 240、220
SPAWN_DISTANCE = 360、280
SPAWN_RANGE = 220、160
SPAWN_DESPAWN = 500、340

[AI_RACE_RETIREMENT]
REJOIN = 1

[AI_SPLINES]
CACHE_GRID = 0

👇このようになっていればOKです。

内容としては、AI車がスポーンする際のプレイヤーとの最小距離や、AI車同士の距離、スポーンする範囲などの情報が入っています。

ただ、これを設定した時としない時の違いがよく分かりませんでした💦。どうしても編集が必要な感じではなさそうなので、編集したい方は参考にしてみて下さい。

あとは、コンテンツマネージャーを開き、Discord版と同じように下記の項目を編集します。

  • ドライブモードで【対戦相手の強さ】【敵の積極性】を100%にする。
  • 【設定】【CUSTOM SHADERS PATCH】【NEW BEHAVIOR】の一番下にある【Get back to the race after going to pits】へチェックを入れる。

これで、ドライブモードのコース選択画面で『SRP Public Testing Build – Oi PA』が表示されていれば導入成功です!

もちろん、走行モードは『走行会』にして下さい!

RaceDepartment版は、どこのスタート地点を選択しても一般車の走行が可能ですよ!

さぁ、これで首都高に一般車が追加されるようになったと思います!

のんびり走るもよし、首都高バトルごっこをするもよし、楽しんじゃって下さいね~!

それでは今回はこの辺で~♪