ランタンのマントル交換方法~空焼き方法の手順を初心者向けにご紹介

今回は、マントルの取り付けからカラ焼きまでの手順をご紹介します♪
一見難しそうなイメージがありますが、順を追って作業すれば簡単に出来ますので、手順を覚えておきましょう!

もくじ
  • マントルって何?
  • マントルの取り付け方
  • 空焼きのやり方
  • 空焼き時に注意すること
  • ランタンを点けてみよう
  • マントルの交換時期は?
  • まとめ

マントルって何?

マントルの画像

マントルとは、合成繊維でできたもので、これが発光体になってランタンが機能します。
ガスランタンやガソリンランタンには必ず必要となります。これがないとランタンの役目を果たせません。例えるなら電球みたいな役割といったところでしょうか。

また、マントルには種類があるので、ランタンの機種に対応したマントルを使用しましょう。

袋に入ったマントルの画像

適応ランタン2000/2500と表記してあります。

折りたたまったマントルの画像

折りたたまった状態になってます。

我が家のランタンは、コールマン2500ノーススターなので、このタイプになります。ちなみに、2000はガソリンランタンの方です。

コールマン 2500ノーススターのことをもっと知りたい方はこちら
「キャンプ初心者におススメのランタン♪コールマン 2500ノーススターのご紹介」
をチェックしてみてね!


マントルの取り付け方

それではマントルを取り付けていきましょう。

ランタンの部品を外していきます。
まず蓋の部分を外しましょう。一番上の蓋を留めているネジを緩めて外します。手で外れますので工具とかは用意しなくて大丈夫ですよ。

ランタンの蓋を外している画像
蓋を外して…

ランタンのグローブを外している画像
グローブ(ガラス)とグローブガードを外して…
ランタンのグローブとグローブガードを外した後の画像
この状態にしましょう。

グローブは耐熱ガラスなので、落としたりしないよう取り扱いに注意しましょう。

折りたたまったマントルの画像
マントルの画像

折りたたまったマントルを上下に伸ばします。上下2か所に付いている針金で留めます。

マントルを取り付けている画像

取り付ける場所は上の画像のようになります。(分かりづらくてすいません)
パイプみたいな筒の凹凸の部分にマントルを被せて針金で固定します。

上からでも下からでも、どっちから付けても問題ありません。また、マントル自体も上下はありません。

マントルを取り付けた画像
マントルを取り付けた画像②

この針金が細いわりにけっこう固いです!
ペンチまでは必要ないと思いますが、指で締めようとするとちょっと手が痛いですが、まぁ外れなければ大丈夫です(笑)ケガをしないように注意して下さいね!

これでマントルが装着出来ました!いよいよ空焼きの作業に入ります。


空焼きのやり方

マントルに火を点ける画像

一応、火を扱うので屋外に来ました。
空焼きは、マントルに直接火を点けて焼きます。マントル全体に火が廻るようにマントルの下の方から点火しましょう。

火がなるべく偏らないように、何か所か点火するとまんべんなく焼けるでしょう。あと、チャッカマンがあると便利ですよ!

マントルに火を点けた直後の画像
下の方から炙ります。
マントルが燃え上がっている画像
放っておいても焼きあがって行きます。
マントルの空焼きが終わったところの画像
しぼーん…

一通り火が廻りきると自然に消えて、真っ白な綺麗なマントルの出来上がり♪
ちょっとしぼみます。(*´▽`*)


空焼き時に注意すること

空焼きが終わったマントルは非常にもろく、デリケートになっているので、むやみに触らないようにしましょう!
ちょっと何かが当たっただけでも簡単に穴が空いたり破損してしまいます。

特に屋外で空焼きをする時は、風が吹いただけでもすごいなびいて壊れそうになるので、風当たりの少ない場所でやった方が安心して作業が出来ます。

穴が開いていても実際は使えるんですが、穴から火が出たりランタン本来の性能(明るさ)を発揮できない可能性もあるので、イザという時のために予備のマントルは用意しておきましょう。


ランタンを点けてみよう

さて、空焼きも無事に出来たところで、早速ランタンがちゃんと点灯するかチェックしてみましょう!

ランタンが点灯している画像
ボンッ!

おおぉぉぉ~点いたよおぉ~(黒板五郎風に)

バッチリ点きました♪ 問題は無さそうですね。
しかし火の灯りはやっぱりイイですねぇ。燃焼音も最高です!(*´▽`*)

マントルの交換時期は?

マントル交換のタイミングは、マントルに穴が空いてしまったり、破れてしまった時などです。破損しない限りはずっと使えるので、ランタンを使うたびにマントル交換して空焼きして…ということはありません。

マントルはそんなに頻繁に壊れるものでもないですが、気づかないうちに破れていたり穴が空いていたりすることがあります。

ランタンを使う前にはチェックして、破損していたら惜しまず交換しちゃいましょう。


まとめ

初めての方には、ちょっと面倒だな…と思われるかもしれませんが、こういった作業もやっているとランタンに愛着が沸いてきますし、道具を扱うことにも慣れてくるので、僕は結構好きです。

マントル交換の時はぜひ今回の記事を参考にしてみて下さいね。
以上、マントルの交換方法、空焼きの方法をご紹介しました。それでは!