コールマンのファイアプレイステーブルの気になるサイズは?

焚火台を買ったら、やっぱり囲炉裏テーブルも揃えたいですよね!

でも、サイズがイマイチわからないし、焚火台と大きさが合うかが心配…とか、やっぱり同じメーカーで揃えた方がいいのかな?とか…

せっかく買うんだから失敗したくないですよね!

今回は、そんな方のために、我が家でも活躍中の「コールマン ファイアプレイステーブル」のサイズを測ってみたので、気になっている方は是非とも参考にしてみて下さい!


もくじ
  • 焚火台と囲炉裏テーブル、同一メーカーの方がいいの?
  • 収納ケースのサイズ
  • テーブルのサイズ
  • 主なスペック
  • まとめ

焚火台と囲炉裏テーブル、同一メーカーの方がいいの?

結論から言うと、焚火台と囲炉裏テーブルは同じメーカーじゃなくてもサイズが合えば違和感はないですし、全然OKです♪

ここは、希望するスペックと、後は見た目で選んでOKでしょう!
我が家はメーカーには特にこだわりがなかったので、ほとんど見た目で決めましたが、結果的には満足してますよ~。

もちろん、同じメーカーで揃えたいってこだわりのある方は、その方が満足感が高いと思いますので…そこはお好みで良いと思います!


収納ケースのサイズ

はじめに、収納ケースのサイズから見ていきましょう。
収納ケースは標準で付いていて、結構丈夫な造りになってます。

ファイアプレイステーブルの収納ケース全体の画像

まだ3年くらいしか使ってませんが、破れたり、ほつれたりといったことはありません。

ファイアプレイステーブルの収納ケースの長さの画像
ファイアプレイステーブルの収納ケースの高さの画像

ファイアプレイステーブルの収納ケースの幅の画像

収納ケースの大きさは、長さ約100cm、高さ約20cm、厚さ約10cmです。

ファイアプレイステーブルの収納ケースの中身の画像

中身はこのように、天板が4枚はいってます。
そんなにキツキツした感じではなく、ある程度余裕があるので、収納する時に困ることはないでしょう。


テーブルのサイズ

組み立てた状態です。

ファイアプレイステーブルの全体の画像

天板はステンレス製で、錆びに強く、天板はパンチング加工(穴)になってます。
これは軽量化のためで、重量約6㎏という軽さを実現しています。
確かに持ってみると、大きさの割には軽く感じますね~。いいですね~♪


ファイアプレイステーブルの大きさを測った画像

テーブルの端から端までは99cmです。

ファイアプレイステーブルは正方形なので、99cm×99cmですね。
囲炉裏テーブルの中でも大きい方だと思います。

4人家族で使うなら十分な広さです。大人6人で使っても、食器の置き場所に困るようなことはないですヨ~。


続いて開口部です。

ファイアプレイステーブル開口部を測った画像
ファイアプレイステーブル開口部を測ったアップ画像

65cm×65cmです。
このサイズ以下の焚火台なら問題なく入る広さですね。ほとんどの焚火台なら入るんじゃないでしょうか。(多分ね)

ちなみに我が家の焚火台は、ユニフレームのファイアグリルを使ってます。
ノーマルサイズ、ラージサイズ両方持っておりますが、ノーマルサイズだと、若干テーブルとの間隔が広くなります。

ラージサイズだと、ピッタリ収まり、ちょうど良いサイズ感です!

ユニフレームのファイアグリルラージは2020年で生産が終了しました。


ファイアプレイステーブルの幅を測った画像

テーブルの幅は約17cmです。

食器など問題なく置けるサイズ。表面がパンチング加工になってますが、今まで使ってきて、テーブルの上のものが穴から落ちて困った、ということはありません。

また、天板はフラットで、歪みやガタつきもないので、コップとか置いても安定しています。


テーブルの高さは27cmです。
ファイアグリルの方が高くなりますが、これもちょうど良い高さ具合です。

ファイアプレイステーブルの高さを測った画像

主なスペック

これまで見てきた、サイズや重さなどを表にまとめてみました。

使用時サイズ約99×99cm 材質   ステンレス 
収納時サイズ約100×20×10cm開口部サイズ約65×65cm
テーブル幅約17cm高さ約27cm
耐荷重約30kg重さ約6㎏

ここで、注意したい部分が2つ。

材質はステンレスだけど、全く錆びないというわけではありません💧。

我が家のテーブルも、数年使って、天板の裏面に部分的に少し錆がでてきました。
雨ざらしにしていたわけじゃないけれど、使わない時はずっと車庫に置いてたからかなぁ?湿気には弱いのかも。

そんなわけで、今は屋内に保管しています。
水や雨に濡れた後は、しっかり乾燥してから収納した方がよさそうですね

後、耐荷重は約30kgなので、あまり重いものは乗せられないでしょう。あくまでもテーブルですからね。
ダッチオーブンとかなら大丈夫ですが、間違っても座ったり、体重をかけたりしないようにしましょう!


まとめ

ファイアグリルとファイアプレイステーブルの組み合わせ画像

コールマンのファイアプレイステーブルのサイズを紹介してきました。

この他にもいろんなメーカーから囲炉裏テーブルがリリースされているので、今回の記事を参考に、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょう?

ぜひお気に入りの囲炉裏テーブルを手に入れて、素敵なBBQ&焚火タイムを楽しみましょう!